2015年 11月 14日
負の連鎖を断ち切れるのは武力じゃ無くてお餅だ。

フランスのテロのニュースを知って、

昼休みにあわてて家に帰ってテレビをつけましたが、

大相撲しかやってませんでした。


民放でもさっぱりだったから仕方なく録画した朝ドラ「朝がきた」を観ました。

大きな流れに翻弄されてか、言いたい事も大声で言えないNHKも、

製作者一人一人は気持ちを伝えようと頑張っている様に思えて

仕方なかったです。

金儲けも争いごとも放棄した腰抜けを演じる若旦那は、

「鉄砲で脅したらいかん、相手はもっと大きな鉄砲を作ってくるだけや、

そしたらこっちももっと大きな鉄砲を作る。そんなバカな男の繰り返しに

乗ったらあかん。それよりあんたの柔らかいお餅の様な頬っぺたの方が

ずっとええ」そう言ってました。

その後の相撲のシーンは本気で泣きました。


負の連鎖を断ち切れるのは武力じゃ無くてお餅だ。

莫大な軍事費で武器を買わずにお餅を買って、

相手に送る事は出来ないんでしょうか。

いったいどれだけのお餅が送れるんだろう。

もちろんうどんでもいいですよ。


戦争反対。



# by wadachisou | 2015-11-14 18:45 | 日々の事
2015年 10月 11日
今年も野生種えのきうどん。
b0200799_16021129.jpg

十月に入って毎年恒例の「野生種えのきうどん」が始まってます。
このえのき生産者、吉田町の中川さんが野生に生えてる
茶色いえのきを見つけて、自ら培養して育てたもの。
味が濃くてコリコリで出汁に旨味が溶け出しています。
うんまいです!


# by wadachisou | 2015-10-11 16:03 | メニューの事
2015年 09月 18日
うどん屋にもはんこ押しと言う暇な仕事がある。

いつもバイトさんが暇な時に始める仕事。
だいたい雨が降ってる日にやる。
雨は降ってないけれど、うっかり手が空いたので、
久しぶりに押してみる。紙の袋に一枚ずつ、
スタンプを押しては霞まないようにギュ〜っと押さえる。

ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー。

あくびが止まらない。

暇ってなんでこんなに時間が立つのが遅いんだろうね。
忙しい時ってあっという間に時間経つよね。

しかしなんだろ、こんなふうに時間がゆっくりなら、
いろんな事できるのにね。本だって沢山読めるし、
ゆっくり音楽聴いたり、あてもなく散歩してみたり。
映画を観る2時間が作れないってどうかしてるよね。。
そういえばさ、子供の頃の映画ってたいがい2本立てだったじゃない?

ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー。

今年の夏はあんまり釣りにも行けなかったな、
新しい竿まで買ったのにさ、買っただけで満足しちゃってさ。
こういう事ってあるよね。なんかあった気がする。なんだったかなぁ。

あと、こういう単純作業ってずっと同じ事つづけてるとさ、
ふと気がついたらトランス状態になってる時あるよね。
ちょっと気持ちよかったりする時ない?

ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー。

あっ、これってあれだわ、昔通ってたプール!
ぼけーっと長い距離を泳ぐのに似てるよ。
スピードはデットスローで1時間くらい。
ゆっくりだから慣れるとぜんぜん苦しくないんだよね。
夏の屋外プールは最高で、キラキラした水中の景色と、
クロールする手のひらから魔法みたいに産まれるあぶくがきれいなんだよね。

ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー。

でもあれだな、はんこ押しってなかなかわるくないな。
暇の価値もわからないバイトさんにやらせるのはもったいないくらいだ。
わざわざ時給まで払ってさ。


ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー、
ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー、ペッタン、ギュー。。



# by wadachisou | 2015-09-18 15:23 | 日々の事
2015年 09月 15日
映画を観れば得をする。

この夏、時間があれば映画ばかりみていた。

八丁座の椅子があまりにも心地よいせいだ。
いや、今年の猛暑に堪えきれなかったとゆうのもある。
疲労がピークに達する夏、腰が悲鳴を上げてた事もある。
すっかり老眼で本を読むのがおっくうになったせいもある。
うん、これは大きい。。

とにかくこの夏は時間があれば映画館にでかけた。
そして歳のせいか、とにかく毎回毎回泣いて帰る。

池波正太郎の本で「映画を観れば得をする。」ってのが
うちの本棚にあって、ずいぶん昔に読んだので
内容はぜんぜん覚えてないんだけど、
解説に、自分一人で経験出来る人生は一度きり、
でも映画を観れば、なんどでもいろんな人生を生きられる。。
たしかそんな事が書いてあった気がする。

ぼくは何度も人生を楽しみたい分けじゃない。
思うに自分のこれまでの人生を確認したいんだと思う。

もっと若い頃は道筋を探る為に本や映画を観ていた気がする。
でも40歳を過ぎて、これからの40年の為に
もう一度振り返る必要があるんじゃ無いかと思ってる。
自分のやってきた事。選んできた道。決断した事を。
沢山の映画を観て確認しようとしているのかもしれない。

もちろん、僕の人生に良かったも悪かったも無くて、
結果だけがそこに生々しく存在している分けなんだけれども、
まぁ、結果はどうあれ、ここまで来た。

でも自分で言うのもなんだけど、上出来なんじゃなかろうか。
なかなかに展開にとんだ人生を歩んでいる。
失敗が多い分だけ面白い事も多かった。
充実してる分、迷惑も沢山かけた。
もしかしたら映画のシナリオにだってなるかもしれない。

でも、もちろん映画のシナリオを作りたい訳じゃ当然無くて、
気がついたらこうなっていたってだけなんだけれども。。

ともあれ、これからも楽しんでいきますよ!





b0200799_16371702.jpg















# by wadachisou | 2015-09-15 16:37 | 日々の事
2015年 08月 29日
赤木明登さんがわだち草に。伊藤まさこさんにも!

b0200799_20102050.jpg


昨日は塗師 赤木明登さんがうどんの食べに来て下さいました!
赤木さんは実は2度目のご来店。

前日は松江のartos Book Store赤木さんと伊藤まさこさんとの
トークイベントがあり、打ち上げに僕も参加させていただいて
大酒を飲みました。お二人の他にも素敵な作家さんがずらり!
楽しかったな〜


赤木さんのお話はとても面白く、まさこさんはとにかくかわいい。。


もともとわだち草を開店する前からお二人のファンで、
まさか一緒にお酒を飲める日が来ようとは思いませんでした。



わだち草が開店したのは2003年、
丁度その頃、雑誌の「住む。」「クウネル」「天然生活」などが
次々発刊された頃で、どの雑誌も、器や食や暮らし方のスタイリング、

建物や写真も素敵で、お店を作るにも、自分の暮らし方にも沢山影響を受け、

その中で活躍されていたお二人は僕に取って憧れの人でした。


「食」はただ美味しいだけの物では本質の半分にも満たない。
「暮らし」はこなして行くだけでは本質の半分も楽しめない。


わだち草では無農薬で小麦を自家栽培したり、

無添加にこだわったり、森林保全、環境問題の取り組みをしたり。

うっかりすると「現代の壊れてしまった日本の食文化を取り戻したい!」
なんてたいそうな事をうっかり口走りそうになるけど、
本当に大切な事は、楽しく生きるって事なんだと思っています。


自ら考え、工夫をし、何でも無い事を楽しむセンスが必要なんだって

思っています。

これが無いと道具も食も暮らし方も全部が効率ばかりになってしまう。
効率ももちろん大事な要素だけど、やっぱり時間をかけて作る事や

時には裸足で草の上をゆっくりと歩いてみる事も必要なのです。

それが僕に取っての楽しいって事だから。


そんな事を教えてくれたのも、赤木明登さん、伊藤まさこさん、
他にも僕の尊敬する沢山の方々の、
激しくも軽やかで紳士的なライフスタイルのおかげだと思っています。




いやそれにしても伊藤まさこさんはかわいかったなぁ。。(笑)




b0200799_20155598.jpg

この画像は家宝です。笑


# by wadachisou | 2015-08-29 20:25 | 日々の事