2016年 06月 15日
麦刈りと麦星の会。
今年も麦刈りの季節。
わだち草の小麦畑も刈取りを待つばかり。
親しい友人をよんで小麦の刈取りをして、
夜には近くの山でテントを張って焚火を囲み、
麦星を眺めつつ今年の収穫を祝おうという趣旨の会です。

今期は日程的に16日に麦刈り。前日15日に前夜祭として麦星の会を開く事に。

麦星とは5〜6月、小麦が実る頃、宵にのぼる一等星。
まるで収穫期を迎えた小麦の様なオレンジ色に輝く星です。

そして昨年しゅんしゅんさんに描いていただいた、
わだち草の小麦畑の素描のタイトルでもあります。

残念ながら16日は雨で小麦の刈取りは出来ませんでしたが
前夜祭の麦星の会はとても楽しい会になりました。

前夜祭の晩も実は曇りで星は。。
しかしその分いつも以上に深い闇に包まれました。
街に暮らす友人達には経験した事も無い様な深い深い闇。

その濃密な闇の中で、焚火をたいて、大きなテーブルを囲んで、
美味しいお酒と料理。森では獣達の足音、池の周りを優雅に飛ぶ蛍。
時々顔を出すおぼろ月。
深夜にはジビエのお肉を炙り、おいしいパンとワイン。
笑い声と笑顔を照らす焚火の火。キャンドルの明かり。


尊敬する素晴らしい友人達と本当に楽しい夜をすごす事が出来ました。








-----

by wadachisou | 2016-06-15 20:27


<< 杜の園芸、矢野智徳さんの「大地...      『麦星 mugiboshi 』 >>