2015年 08月 27日
ぼくがうどん屋としてやりたい事もこんな事なんです。


M.SAITo Wood WoRKS、木の器の齋藤正明さんに、
かけうどんに使うのレンゲを作って貰いました。
広島県安芸太田町の山桜を削って、
漆で仕上げてもらってます。色は4種類。
どれも綺麗であったかい。

あぁうれしいなぁ。。


広島の材料を使い、手仕事で仕上げる。

ずっと長く親しみを感じながら使い続けることの出来る道具。


作り手の顔を知ることは物への愛着もまた深くなる。

広島の木を使う事はその森への愛着もまた深くなる。

そんな道具を使う事で、食べる事がより楽しくなる。


ぼくがうどん屋としてやりたい事も、こんな事なんです。



b0200799_09325365.jpg
b0200799_09331210.jpg
b0200799_09332982.jpg

b0200799_09334597.jpg

あっ、今はまだ数が少ないので当たらなかったらごめんなさいね。




by wadachisou | 2015-08-27 09:54 | お店の事


<< 赤木明登さんがわだち草に。伊藤...      緑肥まき >>