2014年 01月 24日
ある朝の風景
『偶然性ほど確かな事は無い』


きほん朝はご飯とみそ汁なんです。
でも、うっかり寝過ごした朝は
お店の冷凍庫に眠るスライスした
カンパーニュが本当にうれしい。

作業の合間にコーヒーを淹れながら、
極弱火につけたガスコンロでそのまま焼く。
まあるい焦げ目が付いたら裏がえし、裏がえし、、
最後にキリのクリームチーズをポンとのせる。

この前スタッフに、トースターが有るんだから
それで焼けばいいじゃないですか!?
と呆れられるも、やっぱりこの方が好き。
まあるい焦げ目が好きなんだから仕方ない。

なんでもない日常にちょっとだけハミ出した楽しみ。
ある朝、偶然に出会ったこの可愛らしい焦げ目に、
確かなワクワクを感じている。

んな朝ごはんをお腹にしまい、
今日もうどんを作ります。。





by wadachisou | 2014-01-24 18:16 | 日々の事


<< わだち草も12年      僕が森に入る理由 >>